妊娠中のりんごの効果がスゴイ!1日に摂取すべき量や食べ方とは?

りんご

妊娠中にりんごを食べても大丈夫??なんて心配の方も多いかと思いますが
りんごは妊娠中に食べても大丈夫ですし、むしろ積極的に食べる事で
便秘、つわり、むくみなどを解消してくれる効果がある食材です!

便秘解消の効果

りんごには食物繊維が豊富に含まれており
りんごに含まれる食物繊維はペクチンと呼ばれ

体内に溶け込むことで便に水分を含ませ、
粘り気のある便を作り出す事ができるのです!

さらにペクチンは発がん性を含んだコレステロールを体内で
吸収してくれて、便と一緒に排出してくれる効果があります。

ちなみにりんごに含まれる食物繊維は100gあたり0.3gと、
他の果物よりも数倍多く摂取する事ができるので
効果も何倍もあるとされているのです!

つわりを抑える効果

りんごのペクチンは吐き気を抑える効果もあり
妊娠中のつわりを抑えてくれる働きがあるんです。

酔い止め薬等は妊婦さんに悪影響を与える事もあるので
つわりを抑えたい場合にはりんごを食べることがお勧めです!

むくみの解消効果!

妊娠中は血流が滞ってしまったり、代謝が下がってしまうので
体がむくみがちになってしまいますが、
りんごにはカリウムが含まれており

このカリウムが体内に摂取されると、ナトリウムとの
浸透圧のバランスを保つため血圧を下げる働きがあります。

すると体内の水分を排出させることができ、
むくみを解消してくれるのです。

さらに腎臓の機能もあげ、利尿作用を促す効果もあるので、
体内に溜まった老廃物を排出してくれる優れもの!

りんごはどれくらい食べればいいの?!

りんごは1日1個で充分だと言われていますが
無理に毎食食べずに、間食用としてりんごを食べてもよいでしょう。
一度に一個ではなく何回かに分けて食べるのが理想ですね!

そして皮は食べてもいいの?という妊婦さんの疑問が多いのですが
りんごの皮にはビタミンCとポリフェノールがとても多く含まれており、
循環機能を向上させ、代謝が良くなるので肌がつやつやになります。

りんごの皮は妊娠中でも食べても構いませんし、
むしろ食べた方が美容にも良いのです!

りんごジュースにしても同様の効果が得られますので
ミキサーにかけジュースで摂取しても構いません。

まとめ

いかがでしたか。昔からりんごがあれば薬いらず
という言葉があるほどなので、薬の摂取を極力避けた方が
いい妊婦さんにとっては本当におすすめな果物です!