妊娠さんとアボカドのメリットとデメリット!森のバターと呼ばれるほど栄養満点で葉酸も豊富ですが…!

アボカド

アボカドは森のバターと呼ばれているほど栄養満点で
世界一栄養価が高い果物としてギネスに登録されています。

食べる美容液と言われており、妊娠中に必要な栄養素も含まれおります。
今回は妊婦さんとアボカドについて勉強していきたいと思います。

アボカドが妊婦さんに与えるメリット

葉酸が豊富

アボカドが妊婦さんに対して一番のメリットと言えば
なんといっても葉酸が豊富に含まれている事があげられます!

葉酸は胎児の成長には欠かせない栄養素で
妊娠中に摂取することで、胎児の細胞分裂を促します!

また、妊娠中に葉酸が不足してしまうと、胎児の未発達による
目が小さい、鼻が低いなどの先天性異常を引き起こしてしまうのです!

そして果物の中で最も多い葉酸含有量を誇り
アボカド100g中84μgの葉酸が含まれているのです!

βシステロール

アボカドは脂質が豊富なのですが、バターとは違い、
不飽和脂肪酸であるため、摂取しても脂肪はつきません。

さらに脂質に含まれるβシステロール
という成分が血中のコレステロール値を下げて、血液をサラサラにします。

胎児への栄養補給は全て血液で送られますので、
血液がサラサラである事で高品質な栄養を送る事が出来るのです!

その他

その他にもカリウムや食物繊維がふくまれており、ごぼう一本分の
食物繊維で便秘を解消する効果もありますので
妊娠中以外でも継続して食べたい食材です。

アボカドが妊婦さんに与えるデメリット

以上の様にアボカドには栄養が大変豊富に含まれているのですが
デメリットとしてあげるのが唯一カロリーなのです。

アボカドは森のバターと呼ばれていますが、
アボカド100gに対して187kcalで果物で一番の高カロリーです。

バターは100g740kcalとなっていますので
さすがにそこまでには及びませんが
果物としたらかなりの高カロリーなのです。

妊婦さんの場合には1日の最適カロリー摂取目安は
2,500kcalとなっていますので、他の食べ物と合わせて
カロリーオーバーになってしまう危険性があるので
そこだけ注意してください。

まとめ

いかがでしたか。アボカドの一日の摂取量は
半分の範囲内であれば問題ないとされます。

葉酸が豊富なアボカドは妊婦さんにとって大変強い味方であるのですが
高カロリーなので、食べる量には十分気を付けてくださいね!