カフェインが妊娠さんに与える影響は?摂り過ぎは、胎児の早産や発育遅延のリスクに!

コーヒー

妊娠中はコーヒーを飲んではいけない」とよく言われているのですが
コーヒーには「カフェイン」が含まれているからです!

それではどうして妊娠中にカフェインを控えなくてはならないのでしょうか。
今回は、妊婦さんがカフェインを控える理由や影響などを勉強していきたいと思います!

カフェインが妊婦さんに与える影響

カフェインには、興奮作用や利尿作用があるのですが
コーヒーを飲むと疲れがとれたように感じてトイレも近くなります。

しかしカフェインは胎盤を通過してしまうので、妊娠中にカフェインを摂取すると、
カフェインが赤ちゃんへ移行してしまうのです!

そして妊娠中はカフェインの分解に時間がかかり
お母さんの身体の中に長くカフェインがとどまり、
赤ちゃんにもカフェインが届きやすくなってしまいます。

赤ちゃん自身の代謝機能もまだまだ未熟ですから、
赤ちゃんの身体の中にもカフェインがたまった状態になってしまうのです。

カフェインが胎児に与える影響

大量にカフェインを摂取すると死産のリスクが上がり、
胎児の発育を阻害する可能性があるといわれています。

コーヒー1杯に含まれているカフェインの量は100mgほどですが、
その10倍近くを毎日摂取すると、
流産や死産のリスクが上昇するという研究結果もあります。

どれくらいなら問題ないの?

1日1杯程度のコーヒーなら影響が少ないといわれており
無理にやめることがストレスをためてしまいそうならば、
1日1回のリラックスタイムを決めてコーヒーを楽しむ時間を
作るのもいいかもしれません。

ただし、カフェインは紅茶や日本茶にも含まれていますので、
飲み過ぎてしまわないように注意してください。

ちなみにカフェインが多く含まれている食品(150mlあたり)は

玉露 180mg
ドリップコーヒー 100mg
インスタントコーヒー 65mg
ココア 50mg

となっております!

まとめ

コーヒーやお茶が好きな人も、1日100mg以下なら影響は少ない
ということなので、ノンカフェイン飲料などを併用しながら、
摂取を抑えるようにしていきましょう。