妊婦さんにはグレープフルーツ!但し食べる前に必ずやるべき事とは?

グレープフルーツ

妊婦さんとグレープフルーツ

水分摂取やビタミンの栄養補給にも良いので
妊娠中に果物を食べる事は産婦人科の医師も
果物を積極的に食べることをすすめています。

そして妊娠中に特におすすめされるのが
りんごとグレープフルーツなんです。

今回は妊婦さんとグレープフルーツの関係に関しまして
色々と勉強していきたいと思います。

妊娠中にグレープフルーツを食べるメリット

妊娠中にグレープフルーツが良いとされているのは
他の果物よりも栄養素が豊富で特にビタミンCと
葉酸が含まれる点が大きいからです。

ビタミンC

ビタミンCは胎児のコラーゲンの生成や皮膚や骨を丈夫にする役割があるので
妊娠中にビタミンCを摂取することは大変重要になってきます!

また血液を通して胎児への栄養補給が行われるのですが
この時に大量の鉄分が必要となり、妊娠中には鉄分が不足するという
鉄欠乏性貧血にかかり易いのですが

鉄分の吸収を助けるビタミンCを摂取する事で
鉄欠乏性貧血を予防し、ちゃんと胎児に栄養を送る事ができます!

もちろん妊婦さん自信も風邪を引きにくくなりますし、
妊娠で荒れやすくなっている肌を健康に保つことができメリットがあります!

ちなみに妊婦さんが1日に110mgのビタミンCが必要とされており
グレープフルーツ1個分に含まれるビタミンCは36mgとなっています!

葉酸

葉酸は胎児の中枢神経を形成する働きを持っていて、妊娠中に葉酸が不足すると
神経管欠損症(NTD)や鼻が小さくなったり、目が小さくなるという
胎児の先天性奇形が引き起こされてしまいます!

妊婦さんは成人女性は一日240μgに+400μgの葉酸が必要とされており
グレープフルーツには1個あたり45μg含まれています。

少ないかと思われがちですが果物の中で葉酸が含まれているのものは数少ないので、
多少でも含まれているグレープフルーツがおすすめとされています。

イノシトール

イノシトールは血管の脂肪をやコレステロールの代謝を活発にさせる働きがあります!

ナリンギン

ナリンギンはグレープフルーツの苦みの元で、血中に含まている
脂肪酸を分解してくれて、胎児に高純度の栄養を送ることができます。

 

この様にグレープフルーツには妊婦さんが食べると
たくさんのメリットがあるのですね!

妊婦さんのグレープフルーツの注意点

食べる前には必ず洗う!

市販されているグレープフルーツの中には、胎児に影響のある防カビ剤や
殺菌剤を使用されたものが出回っています。

妊婦さんが防カビ剤を取り込んでしまうと、胎児に先天性障害をもたらすリスクが
高くなるので注意が必要です。

海外から輸入されるグレープフルーツは、栽培・収穫する際に殺菌剤、
防カビ剤を使用されることがほとんどなので、輸入物のグレープフルーツは、
皮をむく前には表面を水で10秒ほどこすり洗いしてから食べるようにしましょう。

購入時はできるだけ国産のもので、防カビ剤を使用していないものを選んでくださいね。

食べる量について

基本的に悪影響になることはなく毎日食べても問題ありません!
1日1~3つくらいにおさめるのが良いとされます。

しかし、薬を服用している方は注意が必要で、
グレープフルーツは食べてはいけません。

グレープフルーツに含まれる酵素が作用して、薬の効き目を悪くしたり、
効き過ぎたりさせる場合があります。
厚生労働省からも注意喚起が出ているので注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか。グレープフルーツを選ぶ際には、極力国産のものから選びましょう。
国産のものであれば、輸入品と比べて無農薬で栽培されているものが多く、
防カビ剤使用の有無についても情報が載っていることが多いためです。

妊婦さんにとってうれしい栄養素の多いグレープフルーツを有効活用して、
健康なマタニティライフを送りましょう!