妊婦さんは塩分を控えてくださいね!摂り過ぎは妊娠中毒症を引き起こすかも…

塩分ダメ

妊娠中は減塩が必要と聞いたことがある方も多いかと思いますが
塩分の摂り過ぎは妊娠中毒症を引き起こす原因となるため、
摂取量には十分注意しなければなりません!

妊婦さんの塩分摂取量の基準

妊婦さんの塩分の摂取量は厚生労働省によって決められていて
1日8g未満の塩分が摂取基準となっており

8g以上の塩分を妊娠中に摂取するのはいけません!

ただし1日だけ超えるのは問題なく、毎日8g以上摂取したり、
一度に大量にとりすぎると妊娠中毒症に陥ってしまうのです!

妊娠中毒症とは…

妊娠中毒症というのは妊娠高血圧症候群のことで
妊娠中の塩分のとりすぎや肥満によって起こるのですが

妊婦中毒症にかかると、むくみ・尿たんぱく・高血圧
の3つのうちどれかにかかってる状態のことをさします。

特に塩分のとりすぎは高血圧を一番引き起こす原因とされており
高血圧になることで体内の塩分濃度が高くなります。

胎児への栄養補強は、血液によって送られますが
もし血液の塩分が含まれていると、胎児にも塩分が蓄積されてしまい、
生まれてくることどもも高血圧気味になってしまうとされています。

また、胎児に神経系臓器や中枢神経の成長に
著しく悪影響をあたえて、未熟児、低体重症になる場合もあるのです!

塩分を摂りすぎた場合は…

1日に塩分を摂りすぎてしまったら、水分を多めに補給してください。
妊娠中は1日に1.5ℓ~2ℓの水分が必要なりますが

塩分をとりすぎたら、コップ1杯の水やお茶を飲むようにしましょう!
水分を摂取することで血中の塩分濃度を低下させることができます。

まとめ

いかがでしたか。自炊している人だと、大幅に摂取過剰になることはあまりないのですが
ファーストフードやスナック菓子、レトルト食品など好んで食べる方は
想像以上以上に塩分が含まれていることがあります。

このような食事は、脂質も多いうえ、添加物もたくさん入っているので
胎児への影響を考えると、控えめにした方が安心ですね!