妊娠さんには葉酸豊富なほうれん草!ただし食べ過ぎるとある病気の原因が…。

ほうれん草

ほうれん草は葉酸を摂取できる野菜として代表的な食材で、
100g中、生で210μg、ゆでても110μgの葉酸を含んでいます。

今回は他の栄養素も豊富なほうれん草について
いろいろと勉強していきたいと思います!

妊婦さんにほうれん草が良い訳

妊娠中にほうれん草を摂取した方が良い理由として
葉酸が豊富に含まれているという事があげられます!

ほうれん草には鉄分も多く含まれていいるので
妊娠中に貧血になりやすくなるので
それを防ぐために有効です!

他にはどのような効果があるの?

緑黄色野菜の王様といわれているホウレン草ですが
他にはいったいどのような効果があるのでしょうか!

ホウレン草は葉もの野菜の中でもとりわけやわらかく、消化のいいものです。
食物繊維も多いため、便秘で悩んでいる方にぴったりの野菜といえるでしょう。
ゆでたホウレン草に200gに、ゴマ油とお酢を絡めたものを毎日食べれば
常習便秘の改善に効果的です。

また、体に有害な尿酸を排出する効果があるので、
リュウマチや痛風の方は積極的に食べるようにすると良いでしょう。

ビタミンAとCも豊富に含まれているので風邪の予防にも最適な野菜です。
のどの粘膜を丈夫にし、細菌感染を予防します。
カリウムが多い点では、高血圧の方にもおススメです。

ほうれん草の食べ過ぎに注意!

積極的に摂りたいほうれん草ですが、毎日40~50グラムを食べても
どうということもないのですが、多量に食べると結石ができるといわれていて

アクの部分に含まれているシュウ酸は尿路結石を引き起こす原因になるので、
生での摂り過ぎには注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか。ほうれん草は、妊娠中に必要な栄養が他の野菜などと
比べて豊富に含まれていますので、積極的に食べていきたい食材です。

ただし、ほうれん草だけを食べるといった偏食ではなく
いろんな食材から必要な栄養をまんべんなく摂取していきましょう。