妊婦さんは梅干しに注意!塩分摂り過ぎになっちゃうかも…

梅干し

妊娠中、特につわり時期などは酸っぱいものが
食べたくなるって方も多いのですが

その代表となるのが梅干しです!しかし実は梅干しを
食べ過ぎるのは体によくないのをご存知でしたか?

梅干しが妊婦に悪い理由!

妊娠時における1日の塩分摂取理想量は8g以下とされていますが
梅干しには多量の塩分が含まれていて、大きいものだと
1個あたり塩分が2g含まれており、
4個食べただけでも塩分の上限を超えてしまいます。

塩分を取りすぎると…

妊娠中に塩分を過剰に摂取すると妊娠高血圧症候群になることがあり、
早産や死産などの危険性や、母体の脳出血やけいれんなどの危険が出てきます。

また、塩分は何も梅干しだけではなく
他の食品にも塩分は含まれていますので、
余裕で塩分を過剰摂取することになるのがわかります。

まとめ

妊娠中は酸っぱいものが食べたくなりますが、
梅干しは1日最低1個にとどめておくようにしましょう。

どうしても梅干しじゃないといけないという場合は、
減塩などの梅干しで対策し、カリウムの多く含まれている野菜や
積極的に水分を多めに摂り塩分の排出を促すと良いかと思います

また、梅干しじゃないといけないという方でしたら
レモンなどの酸っぱい柑橘系のフルーツや
お酢を摂取するようにしてみてはいかがでしょうか!