妊婦さんが甘いものを食べたいと思った時!食べてはいけない食材は?

糖分

妊婦さんによく甘いものが無性に食べたくなるという事がるのですが
なぜ妊婦中に甘いものが食べたくなるのか?
そして、胎児に悪影響はないのかについて勉強していきたいと思います。

妊婦が甘いものが食べたくなる理由

妊娠中に甘いものを食べたくなる理由は胎児への栄養として、
糖分であるブドウ糖が送られるからなんです。

母体の糖分から、胎児に送られるので当然お母さんは
糖分が足りなり甘いものを欲しくなる訳なのです!

そして特に、妊娠8か月目(28~31週)あたりになるとより多くの
糖分が胎児に送られ、妊婦さんはより多く甘いものを欲するようになります。

糖分を取りすぎると…

そして、過剰の糖分摂取によって気をつけなければならないのが
体重増加と妊娠糖尿病なのですが、ついつい甘いものを食べる事で
当然体重増加により脂肪も増加するのですが

脂肪が増える事で陣痛が始まっても子宮口が開きにくく
なってしまうのです!他にも代謝が悪くなる事で内蔵機能の低下による
便秘等で胎児にとっては悪影響しかなく

また、胎児も糖尿病になりやすい体質になってしまう
妊娠糖尿病にもかかる危険性も潜んでいるので
糖分の過度の摂取は控えなければならないのです!

特に白砂糖を摂り過ぎると、代謝の際にカルシウムと
ビタミンB1、B2を大量に奪ってしまいます。

妊娠中のカルシウムは胎児の発育に欠かせない栄養ですので、
それを奪ってしまう白砂糖は、当然発育に良くありません。

糖分過多は、血液をドロドロにしてしまうため、酸素と栄養を運ぶ妨げにもなります。
また、白砂糖は胎児の奇形発生の有力な原因とも言われています。

まとめ

いかがでしたか。甘いものが食べたくなっても、カロリーや脂質の高いメイプルシロップ、
砂糖などは食べることは控えるようにした方が良いかと思います!

特にチョコレートやケーキなどは砂糖がたくさん含まれており、
おいしいのもあってついつい食べ過ぎてしまいます。

どうしても甘いものが食べたくなったときは、まずフルーツ。あとは、
ハチミツや黒糖、甜菜糖など、なるべく未精製の糖分を食べるようにすると良いでしょう。