妊婦さんにうなぎはヤバい!ビタミンAの摂り過ぎが胎児に悪影響を…!

うなぎ

妊娠中はうなぎを食べてはいけないと言われている事はしっていますか?
実はうなぎを妊婦さんが食べ過ぎてしまうと、胎児が
奇形性を持ってしまったり、先天性異常を発症してしまうとされているんです。

うなぎに含まれるビタミンAのひとつであるレチノールを
多量に含んでいる事が原因とされているのです!

レチノール(ビタミンA)の摂り過ぎの危険性

うなぎには100gあたり1,500μgのレチノール含まれています。

レチノールというビタミンAが胎児に影響を与えてしまうのですが
妊婦さんの1日に最適な摂取量というのは670μgとされています。

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を向上させ細菌やウィルスから守る
免疫力を高めるこ効果があるため、とても大切な栄養素ですが

妊婦さんの場合には逆に摂取しすぎてしまうと
胎児に悪影響をあたえてしまいます。

1日にビタミンAを5,000μg以上摂取することによって、
胎児の先天性異常や奇形性のリスクが3.5倍になるというデータもあり

うなぎに含まれるレチノールは脂溶性ビタミンで、過剰に摂取した分、
尿として排出される水溶性とは違いどんどん体内に蓄積されてしまうのです!

そして血液に含まれることで胎児にもレチノールが過剰に送られる事になり
栄養過多のために目が小さくなったり、顔のバランスがくずれるという
奇形性を引き起こしてしまうのです。

特に先天性異常や奇形性が発症するのは妊娠前~妊娠初期とされていますので
妊娠したいと考えている方も、ビタミンAの摂取に気をつけなければいけません。

その他のレチノールを多く含む食材(100gあたり)

うなぎ(100gあたり1,500μg)よりも
レバー系の方が圧倒的にレチノールを多く含んでおり

豚レバー 13,000μg
鳥レバー 14,000μg
牛レバー 1,100μg
アンキモ 8,300μg
銀ダラ 1,100μg

となっております!

まとめ

いかがでしたか。ビタミンAの摂り過ぎが胎児に悪影響を与えるのは意外ですよね!
特に豚や鳥レバーは、少量でもあっという間に危険水準の
摂取量になってしまうので、妊娠中は避けた方がよい食品となります。

鉄分の為にと摂取しようと考える方もいるかもしれませんが
妊娠中にレバーを食べるのは止めておきましょう。

妊婦さんは塩分を控えてくださいね!摂り過ぎは妊娠中毒症を引き起こすかも…

塩分ダメ

妊娠中は減塩が必要と聞いたことがある方も多いかと思いますが
塩分の摂り過ぎは妊娠中毒症を引き起こす原因となるため、
摂取量には十分注意しなければなりません!

妊婦さんの塩分摂取量の基準

妊婦さんの塩分の摂取量は厚生労働省によって決められていて
1日8g未満の塩分が摂取基準となっており

8g以上の塩分を妊娠中に摂取するのはいけません!

ただし1日だけ超えるのは問題なく、毎日8g以上摂取したり、
一度に大量にとりすぎると妊娠中毒症に陥ってしまうのです!

妊娠中毒症とは…

妊娠中毒症というのは妊娠高血圧症候群のことで
妊娠中の塩分のとりすぎや肥満によって起こるのですが

妊婦中毒症にかかると、むくみ・尿たんぱく・高血圧
の3つのうちどれかにかかってる状態のことをさします。

特に塩分のとりすぎは高血圧を一番引き起こす原因とされており
高血圧になることで体内の塩分濃度が高くなります。

胎児への栄養補強は、血液によって送られますが
もし血液の塩分が含まれていると、胎児にも塩分が蓄積されてしまい、
生まれてくることどもも高血圧気味になってしまうとされています。

また、胎児に神経系臓器や中枢神経の成長に
著しく悪影響をあたえて、未熟児、低体重症になる場合もあるのです!

塩分を摂りすぎた場合は…

1日に塩分を摂りすぎてしまったら、水分を多めに補給してください。
妊娠中は1日に1.5ℓ~2ℓの水分が必要なりますが

塩分をとりすぎたら、コップ1杯の水やお茶を飲むようにしましょう!
水分を摂取することで血中の塩分濃度を低下させることができます。

まとめ

いかがでしたか。自炊している人だと、大幅に摂取過剰になることはあまりないのですが
ファーストフードやスナック菓子、レトルト食品など好んで食べる方は
想像以上以上に塩分が含まれていることがあります。

このような食事は、脂質も多いうえ、添加物もたくさん入っているので
胎児への影響を考えると、控えめにした方が安心ですね!

カフェインが妊娠さんに与える影響は?摂り過ぎは、胎児の早産や発育遅延のリスクに!

コーヒー

妊娠中はコーヒーを飲んではいけない」とよく言われているのですが
コーヒーには「カフェイン」が含まれているからです!

それではどうして妊娠中にカフェインを控えなくてはならないのでしょうか。
今回は、妊婦さんがカフェインを控える理由や影響などを勉強していきたいと思います!

カフェインが妊婦さんに与える影響

カフェインには、興奮作用や利尿作用があるのですが
コーヒーを飲むと疲れがとれたように感じてトイレも近くなります。

しかしカフェインは胎盤を通過してしまうので、妊娠中にカフェインを摂取すると、
カフェインが赤ちゃんへ移行してしまうのです!

そして妊娠中はカフェインの分解に時間がかかり
お母さんの身体の中に長くカフェインがとどまり、
赤ちゃんにもカフェインが届きやすくなってしまいます。

赤ちゃん自身の代謝機能もまだまだ未熟ですから、
赤ちゃんの身体の中にもカフェインがたまった状態になってしまうのです。

カフェインが胎児に与える影響

大量にカフェインを摂取すると死産のリスクが上がり、
胎児の発育を阻害する可能性があるといわれています。

コーヒー1杯に含まれているカフェインの量は100mgほどですが、
その10倍近くを毎日摂取すると、
流産や死産のリスクが上昇するという研究結果もあります。

どれくらいなら問題ないの?

1日1杯程度のコーヒーなら影響が少ないといわれており
無理にやめることがストレスをためてしまいそうならば、
1日1回のリラックスタイムを決めてコーヒーを楽しむ時間を
作るのもいいかもしれません。

ただし、カフェインは紅茶や日本茶にも含まれていますので、
飲み過ぎてしまわないように注意してください。

ちなみにカフェインが多く含まれている食品(150mlあたり)は

玉露 180mg
ドリップコーヒー 100mg
インスタントコーヒー 65mg
ココア 50mg

となっております!

まとめ

コーヒーやお茶が好きな人も、1日100mg以下なら影響は少ない
ということなので、ノンカフェイン飲料などを併用しながら、
摂取を抑えるようにしていきましょう。