葉酸サプリの副作用!選び方や飲み方を間違えると起こる可能性があります。

葉酸サプリを飲むにあたって副作用が気になる方も多いかと思います!
赤ちゃんの事を考えたら副作用などを起こさない、安心安全な葉酸サプリを
選び方たいところですよね!今回は女性の体や赤ちゃんへの影響、
安全な製品の選び方や飲み方について勉強していきたいと思います。

葉酸摂取量

葉酸サプリは必要なの?

まずは大前提として、葉酸という栄養素は必要なものだとという事です!
葉酸は人間の身体に大切な栄養素で、妊娠を望む女性や妊婦さんには
食事以外で400μgを1日に取るよう勧められています。

水溶性という性質や、調理で壊れやすいということからも
食事だけで必要摂取量を補うのが難しい栄養素でもあるので

厚生労働省では葉酸を「サプリメント等で摂取」
するように推奨しているのです。

葉酸サプリで副作用になる場合

基本的には安全性の高い栄養成分で、水溶性のビタミンなので
余分に摂取した分は尿として排出されますので葉酸サプリの服用にあたっては
そこまで副作用について神経質になる必要なさそうです。

しかし葉酸サプリにもも様々で、選び方や飲み方を間違えると
副作用が起こる可能性があります。

食品添加物の影響

製品によっては「食品添加物」が含まれているものがあり、その種類もいろいろあり、
事前によくチェックすることをおすすめします。

胎児へ染色体異常(ダウン症など)を引き起こす原因になるとも言われている
ショ糖脂肪酸エステルとアセルスファムカリウムには特に注意が必要です!

過剰摂取による副作用

1日分の摂取上限としては1000μgという基準が推奨されていますが、
これを超える摂取が連日続くと以下の副作用がでる場合があります。

・不眠症・吐き気・かゆみ・むくみ・食欲不振
・発熱・ジンマシン・呼吸障害など…

これらの原因としては葉酸を多く取ると亜鉛やビタミンBなどの
吸収を阻害することなどがあげられており
妊娠後期に1000μgを超えて摂取すると赤ちゃんに
小児喘息のリスクが高まると言われます。

海外性の安価な製品などは1日の摂取量の記載が曖昧なものもありますので
購入時には必ずチェックが必要です。

副作用を起こさない為の葉酸サプリ!

添加物の使われていないサプリを選ぶ!

製品の中には危険な添加物を使用しているものがありますので
サプリ裏面の原材料の表示を見て、きちんとチェックする事!

サプリの用法、容量をきちんと守る!

サプリメントの多くは、葉酸の含有量を妊娠中の必要摂取量の400μgに
設定されていますので、それを守って服用するようにしましょう!

身体に良さそうだからといった理由で多めに飲んだりする事は
副作用を引き起こす原因になってしまいますのでやめましょう!

まとめ

いかがでしたか。葉酸はサプリメントで摂取する事で、
神経管閉鎖障害、胎盤剥離、流産、貧血などの予防に
効果があり、妊活中や妊娠中にはとても大切な栄養素なのです!

副作用を心配される方も多いですが、妊娠に必要である事には変わらないので
安心な製品を選んで定められた用法、容量で服用し、安心安全なサプリメントを
選んで健やかな赤ちゃんの発育をサポートしてくださいね!