マグロを食べるのは妊婦さんは注意を!水銀が多く含まれている可能性…!

まぐろ

水銀なんて普通の食生活では縁がないと感じる人もいるかもしれませんが
厚生労働省も、妊娠中に魚を食べるときは、水銀に注意喚起を促している程
実は結構メジャーな食品に水銀は含有されているのです!

食物連鎖の上位にいる大型魚が危険

ミナミマグロや本マグロ、クロムツ、クジラ、キンメなど
基本的には食物連鎖の上位にいる大型魚が危険ということになります。

これらは食べ過ぎないように気を付けましょう。

水銀の胎児への影響

一般的に魚介類はたんぱく質やDHAが豊富に含まれ、ヘルシーな食材として
妊娠中の食事としても推奨されていますが、マグロには「メチル水銀」という
有害物質を多く含んでいる可能性があるのです!

妊婦がメチル水銀を摂取すると、へその緒や胎盤などから胎児へと伝わって
神経系に悪影響を及ぼす危険性があり、音に対する反応が遅れるといった
障害の可能性が指摘されているのです!

妊娠中にマグロを食べてしまった場合の摂取上限量は

しかし妊婦さんだからといって、「マグロを絶対に食べてはいけない」という訳ではなく
知らずにマグロを食べてしまったとしても心配しないでくださいね。

マグロの種類によってメチル水銀の含有量が異なるので、
それぞれの1週間の摂取上限量に注意しましょう!

マグロの種類別の摂取上限量

◎クロマグロ…1週間で80gまで
◎メバチマグロ…1週間で80gまで
◎ミナミマグロ…1週間で160gまで

それぞれ80gは、刺身1人前か切り身1切れ程度の量となっており
1週間のうち1度くらい1人前のマグロを食べてしまっても、
それ以外で食べないようにすれば問題ありません!

まとめ

いかがでしたか。胎児に悪影響を及ぼすまでになるのは、
摂取上限量を超えて毎日食べ続けたような場合なので、
あまり神経質になってストレスを溜めないでくださいね。